綺麗な外観を保つ|外壁塗装はお家の化粧です

建て替えや用地転用で必要

解体工事

整地にも注意をしておく

建物をただ壊すだけが解体工事ではなく、解体後の片付けや整地も必要となるので、業者選びの際には注意をしておきたいポイントです。解体後の片付けについては、分別やリサイクルがしっかりと行われているかを事前に業者のウェブサイトや口コミなどから調べておきます。これがいい加減な業者は、利益のみを追求するような所の可能性も高いので避けた方が無難です。また解体後も地中に建材などが残っていないか、しっかりとチェックしてくれる業者が理想です。コストを下げることしか考えていない業者だと、この辺もおざなりになりがちなので注意をします。そして整地も解体工事においては気をつけたい点です。整地は平らで歪みのない施工ができるか、業者選びの際には重要な指針です。

建築物を取り壊す工事

建築物を取り壊す工事を解体工事と言い、主に住宅やビルの建て替えや駐車場転用といった用地の用途転用時に行われています。解体工事を扱う事業者は、建設業許可もしくは解体工事業登録を持つ者に限られています。また実際に作業に携わる者は「足場の組立て等作業主任者」といった個別に様々な資格や技能講習が必要です。大きく分けて解体工事には3つのフローがあります。すなわち着工前、工事中、竣工後の3つです。着工前は解体工事前の事前調査や解体計画書の作成、工事請負契約などを行います。工事中は分解体の実施に加えて、副産物の再資源化や適性処理が法律で定められています。そして竣工後は整地を行うのが解体工事のフローの特徴です。